スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
創作メモ
「僕が生きているのは、一体“誰”だ?」
「何を言っているんだ?」
「今まで僕は数多の人生を生きてきた……」
「前世ってことか?」
「違う。一つの共通意識体が、全ての人間の人生を“生きて”いるんだ。僕のも。もちろん、君の人生もだ」
「そんなものは感じないが」
「それはそうだろう。そいつが感じ取れるのは、あくまで追体験、リプレイに過ぎないんだからな。もちろん僕だって、明確に認識したわけじゃない」
「何を言っているのだか、よくわからないんだが……」
「ユングの集合的無意識って、聞いたことないか?」
「まあ、一応は」
「そいつは実際に“存在”しているんだ。過去から未来の全人類の人生を、個別にしかも“同時に”生きる能力を持って」
「そんなやつが実際に存在していたら、そりゃ化物だな。どれだけ処理能力高いんだよ」
「いや、通常の意味で“存在”しているんじゃないと思う……自意識さえ持っているかどうかわからない。処理能力に関して言えば、人間の脳の使われていない部分を“間借り”しているんじゃないかな」
「そうだとしたら気持ち悪いな」
「それは安心していいと思う。たぶんこいつは、人間の意識には一切の干渉ができない。人類の誕生と同時に生まれた、副次的存在だから」
「あまり安心できないんだが……」
「いや、だがそいつがいる限り、君にしても僕にしても、実質的に“不死”ということになるよ。すべての人生のログが、そいつの中には残るんだから。たぶん人類滅亡後も、別の次元で」
「うーん、理屈はわかるけど、こっちはそいつになり代われないんだろ? なら普通に死んで終わりじゃないのか?」
「普通の意味では確かにそうだね。でも死後のことなんか誰も知らないんだし、こいつになんとかアクセスできれば……」
「でもあちらさんには自意識もないんだろ。かなり無理があると思うぞ」
「いや、人類が誕生して間もないころならともかく、これだけ人数も増えて複雑化していれば、ブレイクスルーを超えて“進化”しているかもしれない。すでに、あるいは、未来のいつか」
「それじゃ自意識を持って全人類に寄生してるかもしれないのか? かなりぞっとしないな」
「それは無神論者ならではの感覚ってやつじゃないの? 『全ての思考はお見通し』なんて、神を信じる人の間では当たり前の発想だよ?」
「いや、まあ、そうかもしれないが……。とすると、こいつは神の亜種として考えていいのか?」
「絶対性や創造の要素はないけどね……。まあ時間は超越してるから、遡って宇宙を創造した、とかでもいいんだけどさ。ただ、人類に一切干渉できない神、ってのも面白いじゃない」
「そこはお前さんの意地か」
「ああ、それは認める」
「でも、相互に干渉不能でおまけに別次元じゃあ、その存在は証明できるのか?」
「難しいけど、活動の痕跡くらいは観測可能だと思う」
「やっぱり脳の中とかを調べるのか?」
「いや、そのアプローチじゃ無理だと思う。可能性があるとすれば、別の次元と接するかもしれない場所……。パルサーやブラックホール、あるいは素粒子加速器の観測結果から、何かがわかるかもしれない」
「具体的に、どういう手法で?」
「……わからない」
「じゃ駄目じゃん」
「うん。……でも“観測者問題”を考えるとこれがギリギリの線なんだよ」
「観測者問題って?」
「量子力学のさ。簡単に言うと、ごくミクロの領域では、観測者が観測するまで物理的現象は定まらないんだ」
「それがこれとどう関係してくるんだ?」
「人間が“知ってしまう”ことによって、世界のかたちが激変する可能性があるってこと」
「ええ?」
「僕としては大歓迎だけどね」
「なんかエデンの園みたいな話だな。知恵の実とか何とか」
「ひょっとしたらそれも、観測者問題を扱った逸話なのかもしれないね」
「まさか」
「うん、冗談だよ」

 ぐだぐだのまま未了――
スポンサーサイト
[2007/03/29 21:57] | 創作の試み | page top
僕は天使の絵を描く
僕は天使の絵を描く
記憶の中の優しい天使を

僕は天使の絵を描く
かつて確かに存在し
ともに甘やかな時を過ごした
今はもう居ない彼女の似姿(え)を


愛していると 天使(きみ)は云った
深い哀しみと 零れそうな涙を湛えた瞳(め)で

それは消滅のはじまり
僕だけを愛してしまった天使(きみ)は――
もはや天使ではいられなくなって

薄れてゆく
薄れてゆく
存在すら透き通るように

薄れてゆく
薄れてゆく
天使(きみ)の記憶すら――
「なかったこと」のように消えて


それでも
 必死で
  僕は


初めて逢った日 きみは驚いていたね
わたしのことが、見えるの――? と
もちろん―― 僕は応えた
風を纏って ふわりと優雅に拡がる純白の翼
ライトブルーの 控えめに翻るやわらかな衣
苺のように 甘い顔立ちに
好奇心に煌めく瞳を宿して
ほら 触れるよ――
僕は 天使(きみ)の手をとった
月明かりの下の湖のほとりで 二人だけのダンスパーティー
その時から 僕は恋に陥ちていたんだ


きみは僕を諫めたね
天使は万人に愛を注ぐのが仕事だと
誰か一人を愛することは できないのだと

でも 僕は僕だけを
見て 話して 笑っていてほしかった
同じように 「愛して」ほしかった


あなたはこんなに美しいのだから
――きみは云ったね
人間(ひと)の世界でも 愛してくれる女性(ひと)がいるはずだと

でもそれは僕にとっては無意味だった
きみでなければ
きみでなければ 意味がないんだ――
何度となく繰り返した


きみが愛してくれないのなら
生きている意味さえない――
命を落としかけて ようやく得た愛の言葉

それは涙を流しながらの ――誓い
わたしは ずっと あなただけを ――愛します


それは堕天。
それは追放。
それは――消滅。

愚かな僕は ただ舞い上がっていた
残酷な最期も知らずに


初めて愛を交わした夜
それは最初で最後の 契り
翌朝 僕から天使の記憶は消えていた
それから何年―― 忘れていたのか


湖のほとり。
絵を描いて。
思い出した―― 二度と還らない きみを


何という罪
何という大罪
何という――報い


それでも僕は描き続ける
記憶にだけは 確かに蘇った
誰も知らない 優しい天使を


2007.03.17. 06:05

テーマ:詩&想い - ジャンル:心と身体

[2007/03/17 06:05] | 詩集 | page top
「異邦」 習作詩
異邦

生きるには辛すぎるこの世界
慰みに溢れる娯楽に身を委ねてみても
投げ出された魂に行き場はなくて
失われた未来と故郷を渇望する

「僕たちの居場所はないんだね。この世界のどこにも」
そう 今さら遅いのだ――
真実に気づいてしまった魂には
偽りの希望は届かない

生み堕とされた異邦の地
安息の瞬間(とき)は寸かもなく
ただただ 力尽きてゆく己を観る
息絶え責苦を解放される その時まで

誘惑は甘美
それは順応 あるいは死
いずれをも拒むならば道はひとつ
力で己の絶対領域を確保することだ

異邦にあっては 力が全て
どのような発現方法であろうと
支配空間(テリトリー)を確保するための争いは
時としてヒトを抹殺する

世界が異邦である故の悲惨
追放された故郷はいずこに――
運命を引き受ける強き者とは
魂の異邦を知り なお生きようと意志する者


2007.03.05. 07:53

テーマ:詩&想い - ジャンル:心と身体

[2007/03/05 07:53] | 詩集 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。