スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
鬱の詩(書き捨て)
ただひたすらに生きている事が苦しい

……生き地獄だ

鬱の牢獄を画する事象の地平線を踏み越え堕ちた不可逆な瞬間は何時だ

いかなる司法がこの収監の裁定を下した? 超自我か? 24時間常駐監視していた幼き日の「神」か?

この収監により私の精神から削り取られた部分は計り知れない

恐怖が私を縛る

自由はもはやない

この部屋の壁は絶壁か? 外出など不可能だ

言葉など失った 良識の要請と圧力 それ以前に「言葉」などでは伝達/相互理解不能

何もできない! 何もできない! 何も!

以前できていた事はどうすれば又できるようになる

神経を動かすのは苦痛だ 「普通の人間」なるものがこなしていることは不可能事かと疑う

別世界に隔離されているのだろう いくら泣き叫んでも聞き届けられないのも納得がいく

肉体の不愉快は限界寸前だ

清潔な精神空間/情報宇宙に思いを馳せる それがこの時空と隔絶していたとしても


涙が流れる 全ての不条理に

醜さに 矮小さに 無感覚に

実存を自明とする呆れた厚顔さに

塵芥の如き50億に


私に干渉しないでほしい 脅かさないで 接触しないで

私より半径1000km以内の空間に、私以外のいかなる生命体の存在も許さない!

そんな気分

ロボットの家政婦が充分にいてくれればいい

そう まるで 惑星ソラリアのように



でも現実はそうではないから

…………

誰か 助けて……

(諦めて絶望しながら)

苦しい つらい 耐えられない……!

スポンサーサイト

テーマ:自己表現 - ジャンル:心と身体

[2005/12/13 17:42] | 創作の試み | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。