スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
mixiでの論争その4 ~論争放棄後に考えたこと~ 2007.01.06
「mixiでの論争その1 ~主文・ひきこもりのアジテーション~ 2006.12.27」及び、
 「mixiでの論争その2 ~レス&反論~ 2006.12.27」及び、
 「mixiでの論争その3 ~直後の感慨&日記~ 2006.12.27」の続きです。
 (01/06のmixi日記より)

さて、思わぬ体調不良で反論の機を逃し、もう論争放棄状態になってしまったmixiのトピックですが。
(やはり何につけても体力は大事だ・苦笑)

そうだ書き忘れたこと。
せめて「大学の学費を原則無償に」して欲しいです。
そうすれば俺も弟も絶望せずにすむのに……。
(フランスなんか、大学の学費という概念自体がないと聞く)

mixiの話に戻します(^^;
別のコミュニティーで宣伝した際、問い掛けられた言葉がありまして。

#批判した次に何を「する」のか。
#具体的に、次に何をしようとしているのか。

これには、正直何も考えていなかったので、はた、と考え込んでしまいました。
それへの回答が、以下です(ほぼコピペw)。
(まあ、初めは本格的に「日本国との闘争」に突入することも考えたのですが(^^;)


私は、必ずしも行動しなければいけないとは思っていません。
(だからひきこもっているし論争も投げ出すのです)
政治活動・社会運動・市民運動の類は基本的に嫌いなんです。
(前世が貴族だったから……冗談です^^)
ただ……。

ダウンしていた間にも読んでいた年末の新聞。
もはや労働の尊厳さえ奪われ、「貧困」層から抜け出せない人たちが日本に確実にいる。
それなのに人々には見えていない。政治家も上の潤いだけを考え、再分配や福祉を考えない。
この日本の現実に対して、何ができるのか。
(ソースの詳細を示したいところですが、生憎まだ切り抜きが完了していません)

私は、トピで書いていたように、中心となって何かをしていくことは苦手です。
また、あからさまな「いわゆる」政治運動はできません。
私はあくまで「人文知」のフィールドです。
大学を中退しており、学費もないのでアカデミズムには入れませんが。
なので、ひきこもり、ニート、またそれに限らず、この日本社会の現実に疑問を持つ人々が集まる、
地道な「勉強会」のようなものを開催したいと思います。
雨宮処凛さん(著作は好きですが)や、ロフトプラスワン系(?)の派手なイベントは嫌いなので。
上で支持されている『時代塾改憲フォーラム』も「公開討論用ブログ」がある点で、嫌です。
あまり大きなことをブチ上げるのはちょっと……。
共和制という到達点は似ていますが、私は、人々が「まず呪縛から逃れる」ことを第一にしたいのです。
人文知の力で)
体制変革のためには、個々人の理解度は無視して数の力で進む、という感覚がいやなのです。
(それは結局、独裁や、主張の違いによる粛清に陥る危険性があると思います)
静かな大学のゼミのような場所を、つくっていけたら、というのが、今現在の私の答えです。

以上。


こう言ってしまった以上、更なる勉学と、また公共施設等との折衝などが必要になってくるでしょう。
結局は「行動」する範疇に入るのかな。
でも、署名運動などの、即効性があってわかりやすい手段は、どうにも嘘臭くて、抵抗を感じてしまうので、これが精一杯ですね。
変ですか? この感覚。


追記。後に考えたこと。
「静かな大学のゼミのような場所」と上で書きましたが、
まずはmixi等で参加者を募り、公共施設を借りて「勉強会」を行い、
最終的には「人文知アジール」を日本にも打ち建てることができれば、
というのが理想です。(NPOみたいな組織になるのかな?)
フランスの大学なんかは政治とは独立した「アジール」(聖域)に近いんですよねぇ。
日本人の意識を変革して、フランス革命型の市民革命を! なんてのは無理っぽいですが、
せめてそうした「場」があると良いと思います。
スポンサーサイト

テーマ:ひきこもり - ジャンル:心と身体

[2007/01/07 07:52] | ひきこもりの問題 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。